豊橋資料株式会社

お問い合わせ

私たちの仕事

DEPARTMENT

私たちの仕事
zu

飼料製造の総合事業で豊かな“食”をつくる

本社には、<テクニカルセンター><総合企画部><生産安全部><原料部>の部門があります。

また、各工場では<生産部>と<営業部>に分かれています。

いずれも、経営理念である「国内畜産の未来をひらき、食卓に信頼をお届けする」ために、各部門との連携を図りながら業務を円滑に進めています。

テクニカルセンター

TECHICAL CENTER

img1

執行役員中嶋 真一

飼料開発と製造の
根幹を成す部門

テクニカルセンターは部門の名称であり施設の名前でもあります。施設は愛知県新城市にあります。本社含めて3ヶ所の拠点にて、製品である配合飼料製造の根幹を行う飼料開発室と、家畜や畜産物の健康や安全支援を行う家畜診療指導室からなっています。

飼料開発室

家畜診療指導室

総合企画部

GENERAL PLANNING

img2

執行役員鈴木 基司

本社機構の
中心的な部門

本社機構の中心的な部門であり、主に6つの部署・業務に分かれており、それぞれが連携し幅広い業務を担っています。

GENERAL
PLANING

このほか、新たな事業や企画が起こった際には、随時、総合企画部がとりまとめて他部署からのメンバーも加えたプロジェクトが立ち上がり、各プロジェクトメンバーが中心となって進行します。

営業部

SALES

img3

ゼネラルマネージャー中山 英俊

配合飼料の販売
付随する商材を提案

本社を含む中部営業部、関東営業部、関西営業部、九州営業部があります。当社製の配合飼料の販売をはじめ、それに付随する商材(堆肥処理に関するものや幼豚など)をお客様へご提案します。

お客様は畜産農家が中心で、一部ディーラー(卸売販売会社)も。既存のお客様への巡回が主な営業活動であり、販路拡大のための新規顧客開拓も行っています。

sale

SALES

  • 既存顧客先への訪問

    農場運営の中で、動物たちの様子の変化やお悩みをお伺いします。真剣なご相談から何気ない雑談まで、お客様の声に耳を傾けることで改善のために様々なご提案をします。

    「エサが足りなくなった」と連絡があり、出向くこともあります。生き物を相手にする仕事なので、休みや昼夜問わず連絡が入ることもありますが、なるべく迅速に対応できるよう社内の体制を整えています。

    ときにはより良い関係性を築くために、農場で作業を手伝ったりすることも。畜産農家の皆さんとともに安全で安心な畜産物を全国へ届けられるよう、常に畜産農家に寄り添った活動を心がけています。

  • 新規顧客開拓

    お客様のニーズをいち早くつかみ、最適な商品をご提案します。

    当社製の配合飼料は、対象動物や年齢、状態、エサの形状の違いなどに合わせて、約200〜300種類ほど。大学で新しい考え方や研究結果が発表されると、それに基づきテクニカルセンターで新商品を開発するため、数はどんどん増え続けています。

    新しいお客様とのご縁のために、常に自社の商品構成を把握し、お客様にとって最適な商品の提案ができるようにすることが新規顧客開拓の秘訣です。

CONTACT

採用に関するお問い合わせ

お電話または採用専用のメールフォームより
お問い合わせください。(採用担当 長坂、平野)

TEL0532-23-5060メールフォームからのお問い合わせ

ENTRY

ENTRY

エントリー

採用に関する連絡事項はマイナビを経由して行っております。
事前にマイナビへ必要事項をご記入の上、エントリーしていただきご応募お願いします。

新卒の方はマイナビからご応募ください。(別ウインドウで表示します)

mynavi
top

トップページ

新着・ブログ

豊橋飼料について

お電話でのお問い合わせ

TEL:0532-23-5060

受付時間 平日 8:50~17:30

メールフォームからのお問い合わせ

総合お問い合わせ 採用動画説明会申込み