豊橋資料株式会社

お問い合わせ

Products / Process

取扱商品・
製造工程

取扱商品・製造工程アイコン

取扱商品・製造工程

家畜の種類や成長段階に合わせた様々な飼料を、最新の配合技術と生産システムで全国へ出荷しています。

取扱製品について

Products

配合飼料とは

About Compound Feed

最適な栄養素のバランスで配合・加工して作られる飼料

鶏、豚、牛、うずらなどの餌として、複数の飼料原料あるいは飼料添加物を最適な栄養素のバランスで配合・加工して作られる飼料が配合飼料です。

豊橋飼料で取り扱う配合飼料は家畜の種類や成長段階に応じて8つの分類に分かれたものを製造しており、お客様のご要望または、テクニカルセンターの提案により商品を開発、製造しています。

飼料形状と対象家畜

Shape & Target

うずら用のエサ

Food For Quail

微粉

マッシュ

クランブル

基本的には採卵鶏と同じ考えで設計されています。体がニワトリに比べ小さいので、ウズラが食べやすい大きさにするような調整が行なわれます。

豚用のエサ

Food For Pigs

ほ乳期用

マッシュ

顆粒

子豚がお腹一杯食べられるよう原料を厳選して作った高栄養素の飼料です。

子豚用

マッシュ

クランブル

子豚が良く食べ、成長するように原料と栄養素を考えて設計されています。環境負荷に配慮した製品もあります。

肉豚用

マッシュ

クランブル

ペレット

おいしい豚肉が出来るように、豚の健康や成長、肉質や環境負荷にも配慮した設計になっています。

種豚用

マッシュ

母体の健康を第一に考えて設計されています。丈夫なお腹を作り、元気な子豚を育てられるよう工夫されています。

牛用のエサ

Food For Cows

ほ乳期子牛用

顆粒

脱脂粉乳を多く含み、お湯に溶けやすいのが特徴です。

乳牛用

ペレット&
フレーク

マッシュ&
フレーク

弊社独自の配合設計でブレンドし搾乳量が少しでも多くなるよう工夫されています。

肉牛用

マッシュ

ペレット&
フレーク

マッシュ&
フレーク

和牛や交雑種などの牛の品種に合わせた設計、形状で、より良い増体、肉質が得られるよう工夫されています。

製造工程について

Process

配合飼料の製造工程

Compound Feed Process

最新の配合技術と生産システムで全国へ出荷

配合飼料の製造工程は、とうもろこし、マイロなどの原料の一部は、粉砕機で細かく粉砕され、精選機(シフター)によって、自社基準の大きさに篩い分けされます。次に原料、液体油脂、添加物を混合したものを、製品として出荷します。また、さらに二次工程へ送り、粉砕、他原料と配合、加熱、固形化などを経て最終製品になるものもあります。

※豊橋飼料ではBSE対策の為、牛用飼料製造ラインは、鶏・豚、うずら用製品などの動物性蛋白質を使用する製品とは完全に分離されています。

飼料製造工程の流れ

Flow Of Feed Manufacturing Process

Flow 01

原料入荷

主原料
副原料など

Flow 02

粉砕・選別・配合

主原料
副原料など

Flow 03

加工

Flow 04

出荷

人工乳製造工程の流れ

Flow Of Artificial Milk Manufacturing Process

Flow 01

原料入荷

Flow 02

粉砕・選別・配合

Flow 03

出荷

top