畜霊祭・鶏供養

こんにちは、テクニカルセンターの大串です

気がつけば年末となってしまいました。

みなさまはどのような1年でしたか?

今回は日頃我々の仕事を支えてくれている家畜への感謝とその霊を慰めるために行なう畜霊祭・鶏供養の話です。

11月19日に千葉種豚センターで畜霊祭、12月2日にアツミファーム新城農場にて鶏供養が行なわれました。

種豚センターでの畜霊祭はあいにくの雨で室内での開催となってしまいました。

種豚センター畜霊祭1
晴れていれば場内にある畜魂碑の前で行ないます。

下の写真は昨年度の畜霊祭の模様です。

種豚センター畜霊祭3

アツミファーム新城農場での鶏供養は天候に恵まれ新城農場内にある供養塔の前で行なわれました。

鶏供養1

隣接するテクニカルセンターのメンバーも参加しました。

鶏供養2

場員と関係者が一人ずつ焼香し日頃の感謝と慰霊を行ないました。

年に一度行事として畜霊祭・鶏供養を行ないますが日頃から家畜への感謝を忘れずにいたいとあらためて思います。

配合飼料の生産 / 家畜の育成・供給 /  畜産食品の加工・販売 /
食卓により良いものをお届けする 豊橋飼料 株式会社