秋のおすすめレシピのご紹介

ギフトセンター 管理栄養士 西島です(^^)/

 

 

 

今回は旬が春と秋の、チンゲン菜を使ったレシピを紹介します。

 

チンゲン菜は比較的価格が安定し、年間を通して市場に出回っている野菜です。

ンゲン菜は結球しない白菜の仲間で、

ビタミンC、β‐カロテンなどのビタミン類、鉄分、カルシウムなどの

ミネラル類が豊富に含まれています。

特にβ‐カロテンが多く含まれていて、免疫力アップ、

肌や粘膜を健康に保つ働きがあります。

私が今回おすすめするワンタン鍋は誰でも簡単に作れるレシピで、

小さなお子様とも一緒に作ることができます。

またお鍋にすることで多くの野菜を簡単に摂取しやすいうえに、

冷蔵庫の中にある野菜を使えば経済的です。

スープは味つけを薄くしてありますので、鍋の後にお好みのらーめんなどで

お楽しみいただけます。

ワンタンのお肉のたんぱく質は粘膜を作り、

チンゲン菜に含まれるβ‐カロテンは粘膜を強くする働きがあるの

季節の変わり目など、風邪をひきやすい季節にしっかりととりたい栄養素です。

 

ワンタン鍋

 DSC_0457

◇材料 (2人分)

ワンタンの皮      20枚

豚ひき肉         100g

長ねぎみじん切り   7~8cm分

お好みの野菜 (写真:長ネギ 1本、チンゲン菜 2株)            

A【ごま油、しょうゆ各小さじ1/2、塩、砂糖各小さじ1/4、こしょう 少量、

片栗粉小さじ1、水大さじ1】

B【水カップ6、鶏ガラスープの素大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、

塩、こしょう各少量】

C【しょうゆ大さじ1、酢大さじ1/2、ラー油 少量】

DSC_0455

1.    ボウルにひき肉を入れて練り、刻んだネギとAを加えて混ぜる。

       ワンタンの皮を手のひらにのせて具をのせて折り、

       肉だねの際を押さえて皮をつける。

2.    ねぎは斜めの薄切りにする。チンゲン菜は長さを半分に切り、

       茎は縦4つ割りにして根元を洗う。

3.    鍋にBを煮立たて、ワンタンと野菜を加える。

       ワンタンが浮かび上がり、肉だねの色が白くなるまで2分ほどゆでる。

4.    お好みでCをつけてお召し上がり下さい(*^^)v

 

配合飼料の生産 / 家畜の育成・供給 /  畜産食品の加工・販売 /
食卓により良いものをお届けする 豊橋飼料 株式会社