採用情報

  • 先輩社員の声一覧
  • 営業
  • 農場管理
  • 財務
  • 財務

先輩社員の声

先輩

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

子豚が元気に離乳へと進んでくれたときに嬉しく感じます

養豚というものに関わったことがなく、何の知識もなかったのでゼロからのスタートでした。仕事をしていて先輩の方から教えてもらう事全てが初めてで、ほとんどが分からない事ばかりでした。

私は分娩舎を担当しています。分娩舎では毎日のように命が誕生します。出産中に酸欠になってしまった子豚の気道確保をして生き返す事や、小さく産まれた子豚は自力で乳を飲みに行けないので初乳や乳を搾って優先的に飲ませてあげたりしています。

子豚が元気に離乳へと進んでくれたときに嬉しく感じます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

もっと豚について知りたい気持ちが強くなり、この会社を選びました

私は動物関係の仕事に就きたいと思っていました。その中で養豚を選んだのは、私は豚肉が一番好きで、いつも食べている豚肉を自分の手でいちから作ってみたかったからです。

養豚関係の仕事を探しているときに、知り合いから弊社を教えていただき見学をしました。

その際に場長から豚や養豚についてお話を聞いたり、実際に子豚を触らせてもらいました。自分でももっと豚について知りたい気持ちが強くなり、この会社を選びました。

先輩社員の声

先輩

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

豚の調子を早期に判断できるように

豚の管理を始めたころは、豚を見ても調子が悪いものを見つけるのにとても時間がかかり悩んでいましたが、先輩方から寝方や腹の動き方などを注意しながら観察すると良いとアドバイスをもらいました。

今では豚の調子を早期に判断できるようになり、豚の成長も良くなってきました。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

自分の手で一から管理をしてみたい

学生のころ、飼料栄養について勉強しており、この知識を生かせる職業を探していました。

もともと動物が好きだったこともありますが、“愛知県で唯一黒豚を管理している”というところに興味をもちました。そのとき、自分の手で一から管理をしてみたいという気持ちが大きくなり入社しました。

先輩社員の声

 

先輩
だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

自分で考えて改善した飼育方法で、牛の成長に良い結果が得られた

牛の増体重が伸び悩んでいる時に、場長や先輩方からアドバイスをしてもらいながら自分で餌を給与する量を変えてみたり、強肝剤やビタミンなどの添加剤を投与したり試行錯誤した後に、牛の体重測定をして良い結果が出ていると達成感を感じます。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

HACCPへの取り組みが行われていたため、食品に対する安全意識を高く感じた

畜産業に関わる仕事を探していた時に、専攻の担当教諭から弊社の紹介がありました。長く畜産業に関わって行きたいと思っていたので、鶏・豚・牛の各畜種の経営状況などの情報が入ってくるのにとても魅力を感じたのが理由のひとつです。

また、1つの牧場の管理を任されるという事にとてもやりがいを感じました。

今は、先輩方のアドバイスを受けながら、生後2ヶ月から12ヶ月の育成牛の世話をしています。

先輩社員の声

先輩

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

養鶏農場管理

養鶏農場の管理をしています。鶏の健康管理だけでなく、設備のメンテナンス、たい肥の製造販売など色んな仕事があります。

生き物、自然相手の仕事なので、なかなか思うようにいかないことも多いですが、その分うまくいった時はうれしく思います。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

畜産は食品である、と実感できた

今の職場に配属した時、初めに担当した仕事が鶏糞をたい肥にする事だったのですが、鶏糞を発酵させるには気象条件や水分など自然に左右される仕事で、まさに醤油や味噌を作るような繊細さで、そしてできたものは野菜の栽培に使われていく。

そう思うとなかなか忘れがちなのですが、畜産とは食品を作る仕事なのだと改めて思い直しました。

先輩社員の声一覧

  • 職種:営業
  • 職種:農場管理
  • 職種:財務
  • 職種:事務

採用情報に関するお問合せ